喜翔浪漫画/くちなし
くちなし

大正期?横浜の娼館の窓にすわる女性の写真から発想した作品です。襦袢の鹿の子としわが描きたかったのだと思います。