喜翔浪漫画/ 歌舞伎連作 藤娘(ふじむすめ)
 歌舞伎連作 藤娘

舞台いっぱいの松にかかる藤の花を背景に、恋する娘ごころを踊る藤の精のような娘。薄紫の衣装から両袖を脱いだ赤い衣装も情熱的。大津絵の絵柄をもとに生まれたとの説のある歌舞伎舞踊。