喜翔浪漫画/歌舞伎連作 鷺娘(さぎむすめ)
歌舞伎連作 鷺娘

寒々と雪の降り積もった池のほとりに現れた綿帽子に白無垢姿の娘・・白鷺の精・・は、町娘の姿で浮いた恋心を踊り、やがて地獄の責めにあって息も絶え絶えとなる。