喜翔浪漫画/歌舞伎連作 「葛の葉」
歌舞伎連作 「葛の葉」

安倍保名に助けられた白狐は、葛の葉姫に化けて保名の嫁となり子をもうける。陰陽師として名高い安倍清明がその子。本物の姫の登場で本性が現れた狐は涙ながらに子と別れ、「恋しくばたずね来てみよ和泉なる信田の森のうらみ葛の葉」の歌を残して信田の森へと去る。