喜翔浪漫画/ 歌舞伎連作  弁天小僧菊之助
 歌舞伎連作  弁天小僧菊之助

知らざあ言って聞かせやしょう。浜の真砂と五右衛門が歌に残せし盗人の種は尽きねえ七里ヶ浜、その白波の夜働き、以前を言やあ江の島で年季勤めの児が渕、江戸の百味講の蒔銭を当に小皿の一文子、百が二百と賽銭のくすね銭せえだんだんに悪事はのぼる上の宮、岩本院で講中の枕捜しも度重なり、お手長講と札附にとうとう島を追い出され、それから若衆の美人局、ここやかしこの寺島で小耳に聞いた祖父さんの似ぬ声色で小ゆすりかたり、名さえ由縁の弁天小僧菊之助たあ、俺がことだ。(講談社歌舞伎辞典より)